忍者ブログ
別ブログより引っ越しです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

週刊現代版「懐かしのテレビドラマベスト100」

マイミクさんも選定に参加された記事なんですが、私どもがテレビ視聴でテレビドラマに長時間費やすようになったのは最近のことで、昔は民放の連続テレビドラマはほとんど見ていなかったんですが、それでもNHKのものはかなり見ていますし一部民放のものも見ている作品もあります。
認識している作品のみを個人的なレスということで・・・
順位順です。

2)北の国から(CX)
これはスペシャル版のみ視聴記憶あり。ゆっくりした話の流れが記憶にあります。吉岡秀隆君の不器用さがどこまでリアルなのか。

4)夢千代日記(NHK)
全シリーズ見ています。小百合さんをゆっくり見たのはこのあたりか。若いころは実は大人過ぎて苦手だったんですが。

6)時間ですよ(TBS)
ドラマともバラエティともつかぬ演出が面白かった。樹林さんの怪演を認識したのはこのドラマか

11)七人の刑事(TBS)
これが11位に入るとは。選定委員は結構おっさんなんでしょうか。とにかく刑事ドラマとしては、いわゆる社会派的なアプローチの入った感じは初めてだった。そういう面では以降これ以上の刑事ドラマは出現していないですね。

15)あ・うん(NHK)
「阿修羅のごとく」よりこちらが上位なんですか・・・。
ちょっと前の再放送でもフランキー堺さんの濃さが印象的、この人がコメディアンなんだということが(コメディアンとしての映像も多々見ていますので)ちょっと信じられない。
向田邦子さん作品は、ちょっといやらしい家庭の面も見せる、リアルなホームドラマですね。

16)必殺シリーズ(朝日放送)
やはり藤田まことさんの出演するシリーズがメインですかね。コメディアンでもある藤田さんの両面が見える、放送回数が長くてちょっとマンネリ気味の回もありますが面白かった。

17)タイガー&ドラゴン(TBS)
これが17位かー。クドカン氏の脚本、いつものようにエンターテインメントに満ちた脚本。落語の劇中劇、うまいコラボ。クドカンのいつもながらちょっと走りすぎの気もしますが。

18)若者たち(CX)
記憶が不足しておりますが・・せつないストーリーだったような。なつかしい。

20)タイムトラベラー(NHK)
少年ドラマシリーズ。リアルタイムで見たんですがもう記憶が・・・。ここで筒井康隆氏(原作)を認識したような・・。

20)どてらい男(CX)
西郷輝彦さんがドラマへ転向したのを認識した作品のような・・たぶん全部は見ていないなー

23)天下御免(NHK)
平賀源内をドラマ化した作品だったかな。演出が斬新で面白かったな。NHKなのにラディカルさが満ちていた。

25)阿修羅のごとく(NHK)
リアルタイムではこの大人の話はちょっと受け入れにくかったかな。結局じっくり見たのは再放送。名優たちの濃い作品。

26)木枯し紋二郎(CX)
時代劇としてはアンチヒーローのようなクールな感じ。面白いけど違和感も強かったかな。

27)ふぞろいの林檎たち(TBS)
見たのはシーズンⅡ以後でしょうか。柳沢慎吾さんのシリアスな演技の意外性を感じた。石原真理子さんもこの時代はまともだった(?)
(つづく)
PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 ドラマレビュー過去ログ All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]