忍者ブログ
別ブログより引っ越しです
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

徳川家康、終わりました。
どうも昔のドラマということなのかとにかく語りが多く、家康の心理はよくわかるんですがどうにもうるさすぎる。

大河の特徴歴史の細かいプロットの話が延々と続きまあそれは面白いんだけど、

亡くなる直前まで家康の苦悩は続き・・ということかな、昔の封建領主が無理やり治めて行くという。戦国の名残があるわけであり疑心暗鬼の中を生きているわけですから当然といえば当然なんだけど、家康をフィーチャリングした流れはおそらくは原作通りなんだろうけど・・なんだか正当化しすぎるというか・・しょうがないか。タヌキ親父だし。

しかしやはり昔の大河、歴史に忠実、細かいドラマ設定、フィクションの流れとかドラマの面白さにはあまり行かないようにする(最近の大河の傾向ね・・)いんじゃないかな。でもこれをもう一度見るということはないような気がする。
PR
COMMENT
name
title
text
color   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
mail
URL
pass
secret
PREV ←  HOME  → NEXT
Copyright (C) 2017 ドラマレビュー過去ログ All Rights Reserved.
Photo by 戦場に猫 Template Design by kaie
忍者ブログ [PR]